看護部長メッセージ 部長代理メッセージ 先輩ナースメッセージ 研修について リクルートページ ホーム
ホーム >> リクルート >>先輩ナースメッセージ
先輩ナースからのメッセージ
松浦 あけみ
急性期病棟勤務
 私は、かしま病院に入職し4年目を迎えようとしています。現在は、急性期病棟に勤務しており、主に術前/術後の看護・ケアに務めています。忙しい病棟ですが、患者さまやご家族とのコミュニケーションを大切に、身体的・精神的に看護・ケアができるよう心がけています。

 私が看護の道を選んだのは、幼い頃から"白衣の天使"にあこがれ、人の役に立ちたいということと、家族が入院した際、病院での看護師さんとの出会いがきっかけでした。

 入職当時は、夢であった看護師になれたということだけで満足していました。しかし、実際に臨床の現場に入ってみると、責任が重すぎる仕事で、一人で悩み・考えたこともありました。しかし、先輩方の温かい声かけと助言に支えられ、忘れかけていた看護師になると決意した時の強い意志と新鮮な気持ちを思い出すことが出来ました。また、悩んでいたときに、私たち看護師が普段、患者さまにしている当たり前のことに対して、患者さまから笑顔で"ありがとう"の一言をかけていただき、看護師になって本当によかったと感じることができました。

 当院では、患者さまに優しさと安心を与えられるよう、教育委員会を中心として、患者さまの安全を守るため、知識・技術の向上を目指し、院内勉強会を活発に行っています。また、日々進化する医療の中で、院外での研修会の参加も積極的に行うことができ、いろいろな面での学習環境が整っており、それらが現場で生かされています。さらに、人事考課制度が導入され、自己目標に対してフィードバックし、反省・評価するということで、看護師として日々向上を目指しています。

 今までは、未熟であるため、与えられた仕事だけをただやりこなすことだけで精一杯で、"看護とは何か"また"どんな看護をしたいのか?"、答えが見つかりませんでした。しかし、今後は看護師としての目標をしっかりとらえ、チャレンジしながら、患者さまと人と人として向き合い信頼関係を築き、質の高い看護・ケアを提供できるよう努力していきたいと思います。

 最後に、患者さまや、いつも温かく見守ってくれているスタッフへ感謝しつつ、看護師として、人として成長していきたいと思っています。