トップページへ 外来のご案内 入院のご案内 交通アクセス 駐車場
国土交通省 短期入院
介護料 特T・T種の受給者の皆さんへ 短期入院制度をご利用下さい

 「短期入院制度とは・・・」

   自動車事故により重度の後遺障害を受けられた方と介護されているご家族に対する支援目的として

   1.短期入院を実施する病院の整理(国土交通省が実施)

   2.短期入院される際にかかる費用の助成(独立行政法人自動車事故対策機構が実施)を行う制度です。


 短期入院の実施病院のご案内

   1.入院対象者
      介護料の「特T種」及び「T種」の受給者

   2.入院期間
      ・1回の入院は14日以内です(医師の判断によります)。
      ・1年間で30日まで入院可能です。
      ・入院と入院の間は3ヶ月以上の在宅期間をおいて頂いております。

   図 入院14日間 在宅3ヶ月以上 入院14日間

   3.入院の内容
      ・医師による診査・検査
      ・医療行為又は経過観察
      ・患者家族への在宅介護技術(病状観察法、入浴法、食事法等)の指導
      ・アドバイス

   4.入院に要する費用の助成
      ・入院患者の実費負担分のうち患者移送費(タクシー代)と室料差額と食事負担金について、
       自動車事故対策機構の介護料請求時に別枠で助成されます。
       (入院日数×1万円の範囲内。※1日当たり1万円を超えても可)
      ・詳しくは、独立行政法人自動車事故対策機構にお問い合わせください。
          → http://www.nasva.go.jp/sasaeru/tanki.html

   5.申し込み(お問い合わせ)
      ・当院の社会福祉相談室に、ご連絡下さい。
       (電話:0246−58−8010 内線3129)

   (資料) 短期入院協力病院であるかしま病院のチラシ(1.3MB)


このページの先頭へ戻る
戻る